Amélie Darvas

レストラン「Äponem」シェフ* - フランス

2018年、パリのサンマルタン運河に構えた自身のレストランHaï Kaïでの5年間にわたる指揮を経た彼女は、南フランスにÄponemをオープンさせました。はやくも2019年1月にミシュランの1つ星を獲得し、フランスでミシュラン星を掲げる数少ない女性シェフに名を連ねます。
ここÄponem(オーベルジュ デュ プレスビテール)では、彼女自身が独自のオーガニック菜園を手がけ、自然と食が融合されたエクスペリエンスを提供しています。

ガーデン・ガストロノミー

Amélie Darvasは、エロー地方の中心にあるこのレストランÄponemで、変わらぬ相棒である女性ソムリエのGaby Benicioとともに腕を振るいます。自由な空気に満ちた空間で、プロの本能に導かれた旬を大切にする料理が提供されています。 二人はバイオダイナミック農法による自家菜園を手がけ、自然、料理、テロワールを巧みに融合しています。

調理器具が料理人の一端として機能するように、二人にとってこの菜園は、ゲストに安全な料理を提供し、食べるよろこびをもたらすという責任性の一端を担っています。

レストラン

Äponemは、ブラジルの一原住民族の言葉で「幸せ」を意味します。 これには、ソムリエを務めるGaby Benicioの出身地に対するオマージュの意も込められています。 Äponemは、エロー地方にある人口150人の小村ヴァイアンでただ一つのレストランです。 静寂に包まれ、時の流れをゆったりと感じることのできる真の空間を提供しています。 ガリッグ地帯の小さな山間に位置し、下方には小さな湖が臨めます。菜園の香気に包まれた空間を満喫することができます。
Play
料理を作るときにワインから始めるのは、非常に興味深いチャレンジです。 私たちは、ワインとテロワールの野菜の持ち味が存分に発揮できるよう考慮しています。 ラ・グランダムは、真にガストロノミックなシャンパーニュです。 率直で一貫した構造、すぐれたボリューム感が、ベジタリアンな一皿にパーフェクトにマッチします。
私たちのプロジェクトは、菜園を中心に構想されています。 こうすることによって、何かもっと真実に近いものに関わっているという実感を得ることができます。
Amélie Darvas

Discover our chefs