Marcel Ravin

モナコのモンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾートのエグゼクティブ・シェフであり、星付きレストラン「Blue Bay」の責任者を務めるMarcel Ravin(マルセル・ラヴァン)です。

マルティニーク出身の私は、2005年に岩から岩へと移動するように、マルティニークからモナコまで旅しました。
その年、モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾートのオープンに合わせてモナコへやって来たのですが、都市型農業を行うことを決定したことで、子供の頃の記憶がよみがえりました。
というのも、私は、庭が食品庫のような、自給自足をしている家庭で育ったのです。
祖母が収穫したり、植え付けをしたり、料理したりする姿をよく見ていました。
そんな祖母とともに、「記憶の味覚」と私が呼んでいるものを構築しました。それを、私は今、キッチンで創り出しています。私は大地や自然と非常に深く結びついており、今日の料理人としての私の中に響き渡っています。

現地で収穫された新鮮な旬の果物や野菜を料理することは、私にとってとても重要な、信念以上のものです。

La Table de Marcel

私のレストランでは、野菜はすべての料理の中心であり、私がレシピを構成し創造する上で重要な要素です。どの魚や肉が感動を呼び起こすのかを決めるのも野菜です。この世界では、自然が与えてくれるものを使って、ひとつの体験を生み出しています。この体験が、あらゆる感覚を目覚めさせるのです。それぞれの要素のつながりには人間味があり、その瞬間を、親密な瞬間、分かち合う和の空間へと創り上げます。

La Table de Marcelでは、ガーデン・ガストロノミーとして、6~8種類の風味豊かな小皿料理をヴーヴ・クリコのラ・グランダムと組み合わせて提供します。これらの味わいは、菜園の収穫や季節によって多様に変化します。La Table de Marcelは実験的ではなく、体験型の場所なのです!

Blue Bayは、モナコのモンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾートのガストロノミー・レストランです。

「シャンパーニュと菜園という、この2つの世界を結びつけ、美味しいワインと素晴らしい野菜を一つに融合させたいと考えています。」
Play
ミシュランの星を獲得したシェフMarcel Ravinは、レストランBlue Bayでその可能性を大胆に広げています。
彼の料理は、創造性と大胆さを唯一のシグネチャーに、カリブ海と地中海の風味が絶妙に組み合わされています。

オープンキッチンを持つレストラン内には、シェフと料理人たちの活気が溢れています。「La Table de Marcel」では、2人用の止まり木のように、シェフと親密な関係を築くことができます。
また外のテラスからは、海を見渡せるパノラマの風景をお楽しみいただけます。

Discover our chefs