Robin Gill

若きシェフであったロビンの料理修行は、ヨーロッパやスカンジナビアに名だたるガストロノミーレストランの厨房に従事し、都会の喧騒を離れた自然環境に身を置くことにありました。このような経験は、今日のシェフの料理スタイルに多大な影響をもたらしています。ロビンの料理における中心コンセプトは、四季を取り入れることにあります。一年を通じてつねに最上の食材を調達し、自然の恵みの持ち味を最大限に引き出すことがモットーとされています。このようなアプローチは、ラ・グランダムを通じた「野菜のグランクリュ」と「ブドウのグランクリュ」をマッチングさせる試みに通じています。

ガーデン・ガストロノミー

ガーデン・ガストロノミー

そこで、ヴーヴ・クリコはロビン・ギル シェフとともにマダム・クリコのエスプリを踏襲し、卓越した食材の持ち味がお皿にサーブされた料理においてもパーフェクトに保たれた究極の料理を作りました。ここで実現された各料理には、使用された素材の特質があますところなく反映されています。真の味わいを追求し、旬の味わいが最大限に生かされています。野菜が主役となり、肉や魚、卵がスパイスとしての脇役を果たす料理によって、ガストロノミーの実験的な側面と、個性が引き出されます。

ロビンズガーデンのシグネチャーガストロノミー料理は、自然によって描き出されています。バーチの森産の炭火焼キノコ、発酵させたコネマラ産昆布、スモークした発酵クリームなどが、バーチの菜園で栽培されたハーブで調味されます。地元の食材と季節の味わいが最大限に称揚されています。

あなたのテーブルを予約する

レストラン

そこで、ヴーヴ・
クリコはロビン・ギル シェフとともにマダム・クリコのエスプリを踏襲し、卓越の食材の持ち味がお皿にサーブされた料理においてもパーフェクトに保たれた究極の料理をクリエイトしました。ここで実現された各料理には、使用された素材の特質があますところなく反映されています。真の味わいを追求し、旬の味わいが最大限に生かされています。野菜が主役となり、肉や魚、卵がスパイスとしての脇役を果たす料理によって、ガストロノミーの実験的な側面と、自発的な個性が引き出されます。
Play
私は、まだ駆け出し料理人であったころにヨーロッパとスカンジナビアの都会の喧騒を離れた自然環境に身を置き、著名なガストロノミーレストランの厨房で修業を積みました。メニューは、自然の導きにしたがって構成しています。メニューを決定しているのは、私自身というよりも自然です。

Discover our chefs