Iker Erauzkin

レストラン「UMA」*シェフ - スペイン バルセロナ

Iker Erauzkinはバスク地方で料理人のキャリアを開始し、2002年にカタルーニャに場所を移し、この地において自身の前衛的な料理で数々の賞を獲得しました。 とりわけ自然に強い関心を抱き、じっとしていられない性格だと自らを定義するシェフは、イノベーティブで多彩な側面を持ったガストロノミーコンセプトの実現に尽力してきました。現在は、配偶者のアンナ・イエベネスとともにバルセロナでレストランUMAを営み、賓客が主役となるようなこれまでにないおもてなしを展開しています。
菜園、海、山から調達されるこのうえなく新鮮な食材に応じ、週替わりでメニューが組まれています。シェフ自身の経験と知識に基づいて、パートナー業者やサプライヤーから供給される最も旬の素材を生かした料理が提供されています。

ガーデン・ガストロノミー

ガーデン・ガストロノミー

植物や野菜のパワーとラ・グランダム独自の力強さとエレガンスさを融合させた、地球のルーツを食べたり飲んだりできるユニークな機会を提供します。最も自然な美しさを際立たせることができる、ユニークな組み合わせです。

UMAのWebサイトからテーブルをご予約になり、ガーデン・ガストロノミー体験をお楽しみください。11月20日または27日を選び、ドロップダウン・メニューの「製品を選択する」から「ガーデン・ガストロノミー・メニュー」をご選択ください。

あなたのテーブルを予約する

レストラン

厳選された野菜は、味、鮮度、自然の美しさにおいて非常に豊かであり、朝収穫し、夕方調理するという簡潔なプロセスで新しい形に生まれ代わります。
「ヴーヴ・クリコのガーデン・ガストロノミーとUMAは、価値観と宇宙観を共有しています。UMAでは、土地を最大限に尊重し、私たちの歴史、伝統、ビジョンのすべてをお客様に感じていただけるようなガストロノミーをデザインするために、あらゆるノウハウを注ぎ込んでいます。」
「ヴーヴ・クリコのガーデン・ガストロノミーとUMAは、価値観と宇宙観を共有しています。UMAでは、土地を最大限に尊重し、私たちの歴史、伝統、ビジョンのすべてをお客様に感じていただけるようなガストロノミーをデザインするために、あらゆるノウハウを注ぎ込んでいます。」
Iker Erauzkin

Discover our chefs