Sandwich de thon, aubergine confite et sarrasin
VEUVE CLICQUOT ROSÉ

そば粉バケットのツナと茄子のコンフィのサンドイッチ

By Jean Imbert
有名なシェフであり、インスピレーションを与えてくれる人物でもある、メゾンの友人のJean Imbertが、ヴーヴ・クリコ ローズラベルのフルーティなノートにマッチするフードペアリングを提案します。

レシピにトライ

必要なもの

  • そば粉のバゲット 2本
  • マグロ(あればトロ) 200g
  • 粗びき塩こしょう, グレープシード・オイル
  • 茄子のコンフィ
  • 茄子 2本, 皮付きにんにく 5片
  • タイム 4枝, ディジョンマスタード 大さじ1
  • 粒マスタード 大さじ1, オリーブオイル
  • 粗びき塩こしょう
  • ビートのスプラウト 50g
  • ほうれん草のスプラウト 50g
作り方
茄子を洗い、厚さ2cmのスライスにし、オリーブオイルで両面を4/5分焼き、ざるに上げる。
オーブンを180℃に予熱し、火を通した茄子のスライスをオーブンバットに並べ、平たく潰した皮付きにんにく、タイムの枝を加え、アルミ箔で覆う。 45分以上オーブンで十分に焼く。 焼き上がったら包丁で細かく刻み、マスタードと一緒によく混ぜる。 粗びき塩こしょうで味をととのえる。

トロを長さ10cm、幅3cmに切り分け、しっかり塩をふる。フライパンに油を入れて熱し、火が通り過ぎないように気をつけながら、素早く両面に焼き色をつける。 キッチンペーパーで余分な油を取る。 スプラウトを洗い、よく水気を切る。

盛り付け:バゲットを2つに切る。茄子のコンフィを乗せる。 マグロを切り分け、茄子のコンフィの上に乗せ、仕上げにスプラウトを挟む。 フルール・ド・セルと粗びき塩こしょうで味を整える。

発見

Jean Imbert

雑誌「GQ」で2019年度シェフ・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、「Vanity Fair」のランキングで世界中で最も影響力のあるフランス人50人の1人とされるシェフJean Imbert(ジャン・アンベール)は、ポールボキューズの卒業生です。彼はまた、テレビ番組「Top Chef」の2012年度勝者としても知られています。今日、Jean Imbertは「Mamie par Jean Imbert」、「B.B」、St Barthの「La Case」、「Swan Miami」、「Les Bols de Jean」の責任者として活躍しています。献身的なシェフであり、健康的な料理を提唱する彼の価値観は、味わいと料理に対する情熱の根底にあります。そして、彼の活動の延長として、商業的成功を収めた「Merci Mamie」、「Cuisine intime」に続く3冊目の本として環境への配慮に焦点を当てた「Utile!」など、彼の祖母に敬意を表して本も出版しています。

祖母の家では、3人分食べなければ、その食べ物は好きではないと思われます